スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハナより男子の春。

東京に戻ってきました。

高速のサービスエリアのベビールームのありがたさを知る。

あの寒いトイレでおむつ替えるのかーと思ってたけど、
ちゃんとあったかくってきれいで、調乳用のお湯も設置されているようなお部屋があるんだなあ。


新潟でも家事のお手伝いをして慣らして帰ってきたつもりだったけど、
東京の生活はたいへん。

月曜日と火曜日は午前中はりきりすぎが祟って
自分の行動クオリティが夕方くらいからガタ落ち。しーちゃんも機嫌激悪。

でも、週の後半は余裕が出てきた。しーちゃんの機嫌も上々。

水曜日は鼻づまりが気になって、最寄りの小児科に行った。
お部屋はかわいくて、お医者さんやスタッフさんはやさしくて、何よりおうちから近い。
行きつけのお医者さんにしよう。


木曜日は大学時代のダンス部同期二人がおうちに遊びに来てくれた。
しーちゃんはいっぱいかわいがってもらって、ぐずぐずすることもなく静かに起きたり、寝たり。あんたエラすぎ。
久しぶりに盛り上がる。話は尽きない。

さらに、夕方彼女たちが帰ったあと、高校時代の剣道部同期女子からお電話が。
私の結婚・出産を知って、思わず電話しちゃったそう。
しかも、彼女も5月に出産を控えていて
里帰り中に会っておけばよかったと二人で悔やんだ。
偶然にも歳が近い子をもつ者同士になったわけで、なんだかうれしいな。


金曜日はしーちゃんの持病のお医者さんへ。
新潟で紹介してもらった大きい小児科の医療センター。
新潟のお医者さんいわく、東京ではもっとも信頼できる小児科。

来てみたら、まるでショッピングモールのようないでたち。
でっかいローソン、レストラン、ドトール。
壁は淡い色に動物の柄。
いたるところにおもちゃが設置されていて、通路がとにかく広い。
お医者さんも感じ良くて、なかなか。
待ち時間が長いのはおっきい病院はしょうがない。


そんな一週間でした。


新潟生活を振り返ってみると、

この歳になって実家に帰ると、
まだまだ両親から学ぶことはたくさんあるのだと
自分はまだまだ子供であると
そんな自分に子供がいるんかいと

イタイくらいに実感。

さらに、
テレビでたまたま見ていた「男の娘」(なんか男だけど女の子の格好してる、たぶん定義はもっとしっかりあるけど・・・)の特集してて、
「ああ・・・息子が大きくなって女になると言いだしたらどれだけショックだろう」
となんともくだらない悩みを今から抱えたり
「そもそも私ったら親からもらった体に3つもピアスあけて、なんて親不孝だったんだ、しかも小学生の時点で・・・」
とか
思い巡らしたりもした。


東京で生活を初めてみて、

スーパーに二人で行くのにも慣れた。
しーちゃんが寝ている間、静かにしている間に家事をちょっとずつするのも慣れた。
ちょっと泣いていてもある程度はほっておくのにも慣れた。

でも、慣れって怖いなと思う。

慣れてから、どうやったらもっとしーちゃんのために何かできるか、
かつ
自分のやりたいこと、やらなきゃいけないことができるのか、

を考え続けなきゃね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はな

Author:はな
長所は適当、短所はテキトー

好きなもの かきごおり ひよこの絵文字 ひらがな スペイン語 むらさき みなとかなえ ひつじ 8 おかね きすまいふっとつー りらっくま

苦手なもの 虫 こども 地震 

言語とダンスにまみれたのんびり生活を経て20代後半にさしかかったところで、人生に突如しーちゃんという大きな存在が出現。
しーちゃんを育てる中でキスマイに出会う。にかちゃんが好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。