スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二兎を追えないときもある。

しーちゃんが私のおなかに出現する前、私はフラメンコ教室に通っていた。

「趣味」といえるものが、あの頃はフラメンコだった。
偶然選んだ教室は、バリバリの体育会系で、二度発表会にも参加した。
週一のレッスンの他にみんなで自主練をしたり、発表会前はリハだのなんだので、かなり時間も拘束されたけど、
たぶんそれは私に合っていて、すごく楽しかった。

しーちゃんの存在を認識して、昨年の7月から休会中。

7月までいっしょにレッスンを受けていた人たちが踊るのをどうしても見たくって、先週の日曜日に旦那さんにしーちゃんを預けて、発表会を見に行った。

あいかわらず素晴らしい発表会。
上級クラスにはぞっとするような人もいるし
クラス問わず、練習を積み重ねてきた成果が目に見えるような真剣さ。

いっしょにレッスンを受けていた人たちの演目には、思わず身震いして涙が出た。
ダンスを見て反射的にぞわっとするのは、久しぶりの感覚。


それと同時に、
「あの舞台に私もいたかもしれないのに」
という気持ちにもなる。

もし、しーちゃんが私のおなかに現れていなかったら、そこに私はいたのだと思う。
でも、しーちゃんがいないのなんて今となっては考えるだけ無駄なくらいありえないので、

しーちゃんを選んで、フラメンコをあきらめたんだということ。
ただそれだけ。

ふたつほしいものを両方手に入れるなんて、両方ともをほしければほしいほど、なかなかないんだと身をもって実感。


「若いからまだまだできるよ!」
とは、今回の発表会で教室を卒業することに決めたという子持ち主婦の方のお言葉。
1年目から同じクラスで、2回ともいっしょに発表会を迎えている。
おそらく家族を犠牲にしてやってきた部分もあったのだと思うと、重みのある言葉だった。

旦那さんが協力してくれれば、そして私が家事も育児も並行して頑張る気力があるなら、すぐにフラメンコ復帰もできなくはない。

だけど、
考えてみると、月齢一ヶ月、二ヶ月のしーちゃんをお世話することはもう二度となくって、
三ヶ月のしーちゃんのお世話も今しかできない。
当たり前だけど、なんだか寂しい。

しーちゃんが1才になったら、お仕事も始まる。保育園での時間の方が長くなる。

考えただけで、ぞっ。
しーちゃんと毎日いっしょにいられないなんて。
まあ、そうも言っていられないので離れるときは潔く離れますが・・・。


いつかしーちゃんにフラメンコ姿見せて、ケバケバの化粧でびびらせてやろうと思う。
それにしても、大学時代からケバケバの化粧とはなかなか縁が切れないね。


最近しーちゃんと他のこととのバランスが難しい。
家事に重点をおきすぎていたかなー?と思ってしーちゃんにかまい始めると、家事が押せ押せで深夜になっちゃうし
仕事のこと、人間関係、自分自身のことを考えている時間がほとんどなくなった。

噂によると、離乳食が始まったり、こどもが自由に動き回るようになるともっと余裕がなくなるみたいだから、
今のうちにやれることはやっておかなければね。うーん。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はな

Author:はな
長所は適当、短所はテキトー

好きなもの かきごおり ひよこの絵文字 ひらがな スペイン語 むらさき みなとかなえ ひつじ 8 おかね きすまいふっとつー りらっくま

苦手なもの 虫 こども 地震 

言語とダンスにまみれたのんびり生活を経て20代後半にさしかかったところで、人生に突如しーちゃんという大きな存在が出現。
しーちゃんを育てる中でキスマイに出会う。にかちゃんが好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。